面接時、志望動機のNGワードは使わないように

WS000056
 面接企業への就職でも転職でも、やはり志望動機をきっちりと伝えることが大事です。特に転職の場合、前職といった社会経験がある中で、なぜその会社を選んだのか、どういったことをやりたくて入社を希望するのかは、面接採用官も気になるところです。

 昔は会社案内を取り寄せたり、OB、OGに直接会って話を聞くことでしか、その志望企業の情報を知ることができなかったのですが、今はインターネット上のホームページで会社情報を知ることができたり、社内の雰囲気等も調べればわかってしまうため、そうした情報はとても参考になります。

【特集】
大学中退から就職へ
あなたのポテンシャルを活かす時。大学中退から始める就職、情報はこちらから。

 ところが、実際に面接をされる方の中には、そうしたことを鵜呑みにしすぎて、やたらとホームページで書いてあることをそのまま話したり、やたらと感動したなどと話す人もいます。

 企業側もほめられれば嬉しいのでしょうが、建前的なことや美辞麗句を並べられたのでは、かえってその人の人となりを疑ってしまいます。自分のことを「責任感があります」「負けん気だけはあります」などと言ってしまうのと同様に、むしろ言ってはいけない志望動機なのです。

 また、やる気があるということをストレートには表さないまでも、「御社でスキルを学びたい」などと言うのも、よくない志望動機です。企業は働くところであって、学びに来るところではないのです。もちろん、働く上で学ぶことはたくさんありますが、学ぶことを前面に出したのでは、面接採用官にも疑われて当然です。

 こうしたNGワードは使わず、自分の経験や考えから出た志望動機をきっちりと伝えるべきです。

web analytics